無線LANを自宅に導入する場合

subpage01

スマートフォンやタブレット端末を利用する人が増えています。

Wifi対応が可能ですから自宅で無線LANを検討する人もいます。



スマートフォンで利用する回線をLTEと言いますが、通信速度も速く非常に快適に使用することができます。
難点は通信制限になります。

各通信会社では、上限のデータ使用量の設定を行っておりこれを超過すると通信速度が大幅に低下するためインターネット快適に利用するというわけにはいきません。

これに対して無線LANを使用せずに自宅でパソコンを利用する為の光回線やADSLを利用したらどうでしょうか。



それらの回線を利用して無制限にWifiを利用してインターネットを楽しむことができます。


7GBの使用制限があれば自宅では、固定回線でインターネットを利用すれば、ほとんどデータ使用することがなく外出先で利用できますから格安スマートフォンでも安心してインターネットが利用出来る状況になります。

ただし、固定回線があればの話でない場合は、モバイルインターネット回線を利用して自宅で無線LANを構築することになります。
モバイルルーターという機器でインターネットを受信して無線でスマートフォンやタブレットに飛ばすというやり方です。

スマートフォンなどと同じで電池が入っていますから外に持ち出すこともできます。



難点としては通信制限があり制限を超えるとインターネットの利用環境が大幅に落ちることになります。


無線なので工事費がかからない手軽さとメリットはあります。