自宅では有線LANと無線LANを組み合わせる

subpage01

無線LANと有線LANを、どのように組み合わせるか。

オフィスや自宅に無線LANを導入する場合には、これが効率的なネットワークを構築できるかどうかの分かれ目になります。たとえばファイルやプリンタを共有するためのサーバーなどは、無線LANでの接続には不向きです。

サーバーは複数のユーザーからのアクセスが集中する部分ですから、ここを無線化するとアクセスが集中した時にファイル共有などのパフォーマンスが低下することが避けられないこととなります。
このためサーバーなどのアクセスが集中する機器では、無線LANの使用を避け有線LANでネットワークに接続するほうが効率的です。



無線LANでは通信距離が遠くなるほど、フォールバックによって通信速度が低下する特性を持っています。



このためネットワークのパフォーマンスを重視するためには、配線が多少困難でも有線LANを利用したほうが通信速度面で有利といえます。

たとえば自宅では難しいかもしれませんが、1階と2階などフロアをまたがったネットワークを構築したい場合は、有線LANを利用したほうがいいでしょう。

無線だけでネットワークを構築すると、後々通信速度の低下に悩まされることにもなりかねません。
無線を自宅で導入するときは、ネットワークのどの部分にパフォーマンスが要求されるのかをよく考え必要に応じて、有線LANを組み合わせネットワーク全体を設計することが大切なこととなってくるのです。