カラス駆除をする方法

subpage01

カラス駆除をする方法はいくつかあります。
一つは捕殺といって捕まえて殺すやり方です。

もう一つは巣を駆除する方法です。


さらにもう一つ一番効果的なのが、ごみの出し方を変えるという方法です。

カラス駆除のため巣を撤去する方法は、電柱や樹の中など高い位置に巣を掛けるため、クレーン車を出動させたり、人員を必要としたりしてかなりの出費がかさみます。


また、高所での作業ということと、巣の撤去中に親鳥の襲撃を受けたりする可能性もあり危険も伴います。
そこで一番低価格で誰でもできるのがゴミ出しの仕方の工夫です。



烏は目で食べ物を確認できる動物です。
半透明なごみ袋に入っている肉や魚、パンや大好物のマヨネーズなどを的確にほじくり出して持っていきます。

特にハシブトガラスは力づくでゴミ袋を破いたりして餌をもって飛び去り、高い建物の室外機や水槽タンクの下などに貯食する習性があります。ごみ収集車が回ってくる前に食べ物を安全な所へ運び込み、後程ゆっくりと食べるのです。

ガジェット通信の情報が満載です。

そのため、カラスがゴミ袋を破けないようなネットを張る事が効果的です。

烏に餌と認識させないように新聞紙でくるんでから捨てると言うのも一つの手です。餌を摂れないとカラスは場所を変更せざる負えません。



その次の餌場も摂れないとまた移動します。

そうやって、ごみを確実にカラスから守る事でカラス駆除のいったんを担うことが出来ます。
また、地域によっては烏が起き出す前にすべてのごみを収集してしまう場所もありました。烏は激減しましたが、この方法は人間の睡眠時間にも影響してきますので、あまり普及しませんでした。やはり、ゴミ出しの方法を徹底するのがカラス駆除の一番の近道かもしれません。